ポスティング集客ならポスティング会社の東京リアル

サイトマップ

ポスティング集客・チラシ配布集客・ポスト投函集客。サンプリング集客・街頭配布集客・ティッシュ配布集客ならポスティング業者の東京リアルメディアジャパン

パソコン版を表示
リアルメディアジャパンお問い合わせ
リアルメディアジャパン電話番号
ポスティング 集客

反響効果をアップさせるポスティング集客術とは

ポスティングにおける広告費とは「チラシ制作料金」「チラシ印刷料金」「ポスティング料金」の合計です。それぞれの料金はポスティング計画を立てないと算出できません。 特にチラシ制作には苦労を要します。完成したチラシは一枚でも無駄にできません。反響が出るようなプランを考えます。

ポスティング集客の反響効果

ポスティング集客するターゲットによって配布方法を考える

ご自身がターゲットとしている、客層や業種に合わせたポスティングを行います。通常は幅広い客層に配布する「軒並み配布」ですが、建物の形状や地形、世帯構成などで区別する「セグメント配布」を行ったほうが反響率が上がる場合もあります。セグメント(区別)の深さでポスティング料金も上がります。

ポスティング集客するエリアを町丁単位で考える

単独店舗の場合はお店の周辺。多店舗展開の場合は各店舗の周り。デリバリーはサービスエリアの設定。出張サービスは区単位でのエリア設定など、業種により集客する商圏が異なります。配布方法と配布エリアが決まれば、その世帯数に配布率(50%~80%)をかけて印刷枚数(=配布枚数)が確定します。

ポスティング集客に有効なタイミングを考える

ポスティングは新規開店、新装開店、大売出しなどのテコ入れ、新サービスの紹介など、その目的に合わせた期間中に配布を完了しなければ集客につながりません。限られた枚数のチラシを、限られた場所に配布するわけですから、カレンダー、時事ニュース、天候までも把握して反響を考えます。

集客するターゲット別のポスティング方法(セグメント配布)

苦労して完成したチラシは一枚でも無駄にできません。 お客様の業種に合わせた、最適なポスティング方法を選びます。反響を獲得するには企画やサービス、チラシの出来具合が最も重要ですが、ターゲットの選択と配布方法を間違えると効果を期待できません。

ポスティング集客とターゲット

①軒並み配布

全てのポストが対象なので、業種を問わず効果があります。宅配・出張サービス、店舗を持つ地域販売やサービスなど、幅広い客層から集客できます。リアルでは「軒並み配布」ですが「事業所除く」とか「官公庁舎除く」「宿舎・寮除く」などの特別注文も受付けています。

②集合住宅限定配布

マンションやアパートのポストが対象です。新聞折込みのチラシで集客できない若世代、不動産・パーキングなどマンションに特化したサービスの集客に効果的です。リアルでは「集合住宅限定配布」ですが「アパート除く」とか「公営団地除く」などの、特別注文も可能です。

③一戸建住宅限定配布

一戸建住宅へのポスティングはチラシを一時的に屋内に持ち帰らせることができます。 リフォーム、塗装、ガーデニングなどの一戸建専門サービスや、中高年層向けサービスの集客に適しています。一戸建世帯数の多いエリアに配布することで配布効率と反響率を上げられます。

④事業所限定配布

会社や店舗、オフィスビルのポストに配布します。訴求する担当者に届くよう、チラシの内容に工夫が必要です。オフィス関連商品やレンタルサービス、運送業に適しています。リアルでは「事業所限定配布」ですが「飲食店除く」とか「一戸建店舗除く」などの条件も承ります。

⑤指定住宅・指定物件配布

お客様がお持ちの、顧客リストやターゲットのリストから、指定住所の建物全体や特定の部屋・会社などに配布いたします。不動産の分譲マンション買取、光ファイバー契約など比較的に情報量の少ないチラシを使い、安価なDM広告としての反響効果を狙います。

⑥GISポスティング

地理情報システム(Geographic Infomation System)により国勢調査のデータをマップ化。年代別、男女別など目的ごとに、目標とするパーセンテージをクリアする町丁だけを抽出。その地図をもとにポスティングします。データ地図作成には別途料金が発生いたします。

ポスティング場所を商圏エリアとターゲットで考えます

御自身の業種により商圏エリアは変わります。ご予算に余裕があれば商圏全体にポスティングしますが、配布効率から世帯の多い団地がある町丁だけを狙ったり、配布率を下げて広域にポスティングするなど、商圏設定とその世帯数および配布率は費用対効果と密接な関係にあります。

ポスティング集客と商圏

①店舗や事務所を中心としたポスティング

飲食店、販売店、教室などのリアル店舗の場合は、店舗を中心に円状配布するのが基本です。衣食や生活品に関連する店舗は、商圏を狭く設定して配布率は高く。ビューティー店や書店・教室など嗜好・教育関連の店舗は、商圏を広くして配布率は低く(セグメント)するのがポスティングのコツです。

②デリバリーやケータリングサービスのポスティング

FCチェーン店の多くが宅配や、出張サービスを行っています。弁当や質店、掃除屋、新聞代理店などです。サービスエリアはチェーン本部により、地域店舗同士が競合しないように割り当てていますので、配布率やセグメントを店長が決定します。チラシはチェーン本部から購入します。自店舗の住所、電話番号などの印刷は別途料金が発生するか、御自身でゴム印を押すことになるのでご注意ください。

③ターゲットの導線を中心としたポスティング

スポーツジムやスパ、パチンコ店などのレジャー施設やレンタル店は、自宅と会社を結ぶ、鉄道(JRや私鉄)の駅周辺、沿線に帯状にポスティングするのが基本です。中古車販売やバイク店などは、自宅と会社を結ぶ、幹線道路(甲州街道、山手通りなど)に配布します。配布エリアが広いため、配布枚数(=予算)が膨らみます。店舗近くからエリアを小分けにして、数回に渡り配布する場合もあります。

④区部全体がサービスエリアである場合のポスティング

マッサージ店、介護などの出張サービス。エアコン清掃や出張買取りなどの広域サービス業は、店舗のある区全体や、近隣の区部など広い範囲へのポスティングが必要です。何万枚から何十万枚ですから、予算も大きくなります。チラシ代と配布料金を抑えるには、チラシをA6やB6など小さなサイズにして、コート紙53キロなど薄く(軽く)します。配布期間を長く設定すると値引きも可能です。

⑤東京23区全域へのポスティングは「併配」がお得です

引越し業、法律事務所、不用品回収、探偵業などは東京23区全域がサービスエリアになります。通常のポスティング料金は「メインチラシ」として、配布場所や配布枚数、配布期日 を御指定いただき配布することを前提としています。ポスティング料金を大幅に下げる「併配チラシ」は、東京23区全域なら「いつ」「何枚」配布しても良いと云う条件でのポスティングです。詳しくはお問い合わせ下さい。

⑥御自身の業種に合わせて、「配布率」「配布枚数」を決定する

配布エリアは町丁単位で決めます。ポスティングする町丁は隣接して、固まった一つのエリアで料金を設定いたします。飛び地になった場合は、別料金になりますのでご注意ください。配布枚数を決める場合は、ホームページの右上にある「メニュー」ボタンから「東京配布部数表」をタップして、、各区部に進んで下さい。 町丁毎の世帯数および配布可能枚数(配布率80%ほど)がご覧いただけます。

ポスティング期間を商圏とターゲットで考えます

お店のブランディング(企業信頼)や知名度を高めることが目的なら、リピートが重要です。しかし、オープン(リニューアル含む)や期間限定キャンペーン、期日があるイベントなどはタイミングが重要です。 また、配布率やセグメントにより、配布に要する時間も変わりますので、注意が必要です。

ポスティング集客 配布期間

①ポスティングは、イベントの前々日に終了するように計画する

キャンペーン期間が、一か月以内の場合は、当日前までにポスティングを終了するのが通常です。キャンペーン期間が長い場合は、店舗回りのポスティングエリアを分割して、エリアごとに数回のポスティングを行います。長期のテコ入れ企画の場合も、反響を見ながら数回に分けて配布します。

②配布する曜日と、ポスティング反響率の関係について

不動産や保険・娯楽など 、家族全員での判断が必要なサービスの場合には、木金曜日に配布します。 大型マンションに配布したい場合は、管理人不在の土日曜日に配布。曜日にこだわらない業種なら、ポストの中のチラシが少ない、月火水曜日がお勧めです。お客様の休業日は、配布しないのが通常です。

③ポスティング期間と配布枚数の関係について

配布枚数が多い、つまり配布エリアが広いと時間がかかります。大量のチラシを短期間に配布するには「キャラバン部隊」を使います。チラシと自転車を積んだ、車輌を駆る配布リーダーが、現地に集合した数十人の配布員を指揮する部隊配布です。事前に準備が必要ですから、早めにご相談ください。

④ポスティング期間と配布率の関係について

配布する町丁の配布率が高い、つまり世帯数に対する配布数が多いと時間がかかります。特に全戸配布(完全配布)の場合は、住宅地図を使い、一軒一軒のポストをチェックします。それ以外にも地図に無い建物や、建物が無いなどの問題もあるので、時間だけでなく配布料金もかかるので、ご注意下さい。

⑤ポスティング期間とセグメント配布の関係について

ポスティング期間を早い順に見ると、「軒並み配布」→「集合配布」→「戸建配布」→「事業所配布」→「その他のセグメント配布」となります。「指定配布」の場合は、一町丁当たりの、指定配布物件の数および密集度。また「中央区で戸建配布」など、地形に合わないと時間と料金を要します。

⑥ポスティング期間と天候について

ポスティングは天気が悪いと中止になります。雨天の場合は、チラシが濡れるだけでなく、ポストに貼り付いて、クレームになります。止む無く配布するなら集合住宅のみです。暴風の場合は、チラシが飛ばされることもあります。イベント前の週間天気を予想して、ポスティング期間を決定します。

パソコン版を表示