サイトマップ

ポスティング広告代理店のこと|効果と料金で反響を出す業者・株式会社東京リアル

東京都内23区多摩都下のポスティング広告代理店・広告代理店・広告・代理店・会社案内・新聞折込広告・月印刷の方法とコツでポスティング会社が集客。費用対効果で反響を出すポスティング業者・広告代理店リアル

ポスティングやり方・チラシ配布販促チラシ投函販売促進・ポスト投函コストポスト配布相場・ビラ投函コスパビラ配布員違法・お客様地域その他OK・サイトページネット注文・アルバイトパート募集・野球選挙のことは月島営業所まで

パソコン版を表示
リアルメディアジャパンお問い合わせ
リアルメディアジャパン電話番号
ポスティング 広告代理店

ポスティング広告代理店/株式会社リアルメディアジャパンの会社案内

ポスティング広告代理店ならチラシ配布エリアを効果的にデザインする広告代理店・東京リアルにお任せ下さい。ポスティング・新聞折込広告などの採用情報に基いた、お客様のためのセールスプロモーションをご提案いたします。

企業名
株式会社リアルメディアジャパン
設立
2009年(平成21年)7月29日
代表取締役
水谷 真
所在地

【ペーパーメディア事業部】

月島第一営業所
〒104-0052 東京都中央区月島2-6-11-1F

【サイバーメディア事業所】

月島第二営業所
〒104-0052 東京都中央区月島3-3-13-2F

【映像メディア事業部】

銀座支社
〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1-4F

【全国メディア事業部】

東京本社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3-20F

TEL
03-5560-9194

FAX

03-6228-2194
E-mail
info@realmediajapan.jp
資本金
1000万円
業務内容

【ペーパーメディア部門】

ポスティング・サンプリング・チラシのデザイン、チラシ印刷、ポケットティッシュの制作など

【サイバーメディア部門】

インターネット集客・SEO対策・WEBマーケティングリサーチ・ホームページ制作・ブログの制作など

【映像メディア部門】

OA・CATV・VP、インターネット/モバイルなど
映像コンテンツの企画制作

【全国メディア部門】

全国対応のフィールドプロモーションの企画とイベント展開。
メディアミックス商品のソリューション営業など。

主要取引先
三井不動産リアルティ 株式会社
株式会社 長谷工リアルエステート
株式会社 大京リアルド
株式会社 壱番屋(CoCo壱番屋)
株式会社 早稲田アカデミー
株式会社 カーブス・ジャパン
コニカミノルタ 株式会社
アパ 株式会社
アメリカ大使館EWA
株式会社 船井総合研究所
日本広告企業 株式会社
株式会社 ぐるなび
他(順不同)
所属団体
東京商工会議所
公益社団法人 丸の内法人会
公益社団法人 京橋法人会
商標登録
「エコポスティング」登録第5653752号
「プロビ」登録第5633068号
「リアルTV」登録第5653751号
取得資格
プライバシーマーク付与事業者 登録第17001699(03)
屋外広告業登録
都広 第3071号
中央区小規模事業者登録
登録番号5058953
顧問弁護士
湊総合法律事務所 湊 信明
顧問税理士
税理士法人ほはば 木村 健太
顧問社労士
ケーズ・インテリジェンス 小林 京子
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 本店
三井住友銀行 本店営業部
みずほ銀行 丸の内中央支店
東日本銀行 月島支店
日本政策金融公庫
企業理念

1. 常にお客様の立場を最重要視しての事業展開
2. 真実を見極める力を持つための人材育成及び社会貢献
3. メディアを利用して、お客様の感性を正確に確実に発信すること

株式会社リアルメディアジャパンの企業理念および社会的責任の詳細は、「ポスティング 企業理念」・「ポスティング 社会的責任」をご覧ください。

地図(ペーパーメディア事業部)

東京メトロ有楽町線・都営大江戸線 月島駅 9番出口より 徒歩1分

大きな地図で見る

ポスティング広告代理店とは|基礎知識

ポスティング会社案内を掲載。チラシ配布業者である株式会社リアルメディアジャパンの代表取締役、東京本社・銀座支社・月島営業所の各所在地や連絡先と資本金について。ポスト投函・効果ある配布エリアのご提案・お客様の採用情報・新聞折込広告・印刷デザインその他の総合広告代理店というための仕事と業務内容、大手主要取引先があります。また商標登録や取得資格、社会貢献する企業理念も公開しています。(株式会社リアルメディアジャパンより)

ポスティング広告代理店とは|広告代理店の意味

広告代理店(こうこくだいりてん)とは、広告を扱う会社の総称である。広告代理店は、明治期から第二次世界大戦前には「広告取次」や「広告ブローカー」と呼ばれていた。時代が下り、事業内容の変化もあり広告代理店と呼ばれるようになったが、現代では「店」が一般向けに開かれているといった業態ではなく、多くが企業間取引の企業のため「広告会社」と呼称する方が、現代的で適切である。業界団体である「日本広告業協会」も広告代理店という呼称を使用せず広告会社の同業団体と名乗っている。

ポスティング広告代理店とは|広告代理店の業態

メディアの広告枠を広告主(クライアント、顧客)に売り、手数料(コミッション)を得るというのが基本的企業形態である。従来は純粋にそれだけを行っていたが、時代とともにその役割は広がっており、メディアをまたがるメディア・ミックス、マス・メディア以外も統一してキャンペーンを組み立てる統合的マーケティング・コミュニケーション、インターネット登場後の相乗効果の追求(クロスメディア)や、その枠に載せる広告を効果的・効率的に制作指示するのも広告代理店の業務となっている。制作部門を持つ広告代理店の場合は、制作部門が広告制作会社と共に行う。また顧客企業のマーケティングの一環としての広告計画、その立案のためのマーケティング・リサーチ、商品開発、広告計画・実施の一環としての販売促進、商業印刷、プレミアム景品類の制作などのほか、顧客企業や取り扱う製品のイメージの構築(CIなど)、イベントのプロデュースあるいは運営を行う。大型博覧会でのパビリオン企画・設計・建設・運営、国際的なスポーツイベントへのスポンサード、映画製作への出資・参画、シンポジュウムの企画・運営、PRなど業容は広い。今世紀に入って以降、デジタル関連のサービスも増加した。

ポスティング広告代理店とは|広告代理店の種類

(総合広告代理店)
あらゆるメディアに全方位で対処していく。大手の総合広告代理店は傘下に製作会社や分野を特化した広告代理店を子会社として持っていて、それらを連結してグループを形成している。主な該当企業は電通、博報堂、アサツー ディ・ケイ、大広、読売広告社など。
(専門広告代理店)
特定の分野に秀でている特長を持っている。主な該当企業はサイバーエージェント、セプテーニ、オプトなど。
(ハウス・エージェンシー)
広告会社を除く親会社の宣伝活動の補佐のために存在する事業子会社。鉄道会社の多くがハウスエージェンシーを持っていて、こういったハウスエージェンシーは親会社が保有する広告媒体の管理を行っている場合が多い。総合広告代理店として知られる東急エージェンシーも元は東急のハウスエージェンシーであった。主な該当企業はジェイアール東日本企画、ジェイアール東海エージェンシー、JR西日本コミュニケーションズ、デルフィス、クオラス、フロンテッジ、ホンダコムテック、アイプラネット、サン・アド、ニットー、東映エージェンシー、京王エージェンシー、小田急エージェンシー、メトロアドエージェンシー、京成エージェンシーなど。
(外資系広告代理店)
クライアントが国内系企業の場合、1ブランドに対しては1つの総合広告代理店が川上から川下まで担当するのがほとんどだが、クライアントが外資系の場合、ブランディング、広告制作、メディアプランニング(バイイング)、イベントなどが各専門の広告代理店に分化され複数の代理店がチームを組んでブランドの広告を考えることもある。また日本で活動する外資系企業は、世界的規模で活動する日本の広告代理店が皆無であることから、担当する広告代理店もグローバルで契約した外資系広告代理店が多く、外資対外資の場合では契約形態はコミッション制ではなく、フィー制度のとなるのがほとんどである。

広告代理店とは|日本と海外の広告代理店の比較

(一業種一社制の無視)
日本と海外の広告代理店を比較してよく批判されるのは、海外のほとんどの先進国で見られる「一業種一社制」の原則が日本には見られないことである。「一業種一社制」とは1つの広告代理店が同時に2つ以上の競合(同業種他社)会社の広告を担当しないという、社会的モラルも含んだ制度であり、これは「同広告代理店が競合他社の製品の購買も促進する」という矛盾の防止が目的である。例えば日本の自動車会社の広告を見ると、電通は本田技研工業、スバル(富士重工業)、完全子会社のダイハツ工業を含むトヨタ自動車を始めとする大半の競合自動車メーカー、博報堂は日産自動車、マツダ、スズキ、ADKは三菱自動車工業など、というように競合する他社同士の広告を同時に担当している。その結果、顧客企業が開発を進める新製品の機密情報の保守や、競合関係に当たるメーカーの商品購買も促進し、あえて顧客同士を互いに競わせる形にして自らは儲けている、などの観点からしばしば問題に上がる。その結果、同業他社のいかんを問わず、様々な業種の大企業を一手に顧客に収める電通や博報堂、ADKなどの主要な広告代理店が強大な媒体力を保持してしまい、自由競争が損なわれているため、広告代理店の売上げ順位どころか売上げの比率もほとんど変化しないこと。媒体露出量に依存し、「一業種一社制」の元で競争が激しい海外市場に目が向かなくなることが、日本の広告代理店の国際競争力が低い原因の一つに挙げられる。例えば電通は、単体で世界最大の広告代理店にもかかわらず、世界的な認知度はほとんどない。
(業務体質)
一部の広告代理店は、過労自殺した社員の親族が「社員の安全配慮義務を怠った」「残業手当が支払われていない」などで会社を相手に損害賠償を請求し裁判を起こしたことに象徴される、過酷な勤務状況でよく知られている。現在は大手代理店は過大残業を見直し、アウトソーシングによって大幅に減らしていこうと努力しているが、これにより制作プロダクションは一層の激務を要求されることになり、本質的な問題の解決には至っていない。
(テレビ番組・映画制作)
広告代理店はテレビドラマやアニメ、映画の制作においてもスポンサーとして強大な影響力を持つ。特にキー局(テレビ局)の制作費に頼らず出資者を募る製作委員会方式が主流になり、放送枠の買い取り方式が中心となっている現在のアニメ産業では重要な地位を占めている。しかし、一部では製作費の一部を広告代理店が確保し、番組や映画の制作費が十分に確保できないとの批判もある。広告代理店が「手数料」などの名目で中間搾取をしている、と呼ばれる一つの例である。
(比較広告)
極めて少数の反対意見でも、広告掲載中止などの大がかりな事態になる場合があるため、比較広告も日本ではこういった理由から、あまり制作されない。(ウィキペディアより引用)

東京都(関東・首都圏)の行政区分一覧

東京都内23区(東京都千代田区・東京都中央区・東京都港区・東京都新宿区・東京都文京区・東京都台東区・東京都墨田区・東京都江東区・東京都品川区・東京都目黒区・東京都大田区・東京都世田谷区・東京都渋谷区・東京都中野区・東京都杉並区・東京都豊島区・東京都北区・東京都荒川区・東京都板橋区・東京都練馬区・東京都足立区・東京都葛飾区・東京都江戸川区)、東京都多摩地区26市(東京都八王子市・東京都立川市・東京都武蔵野市・東京都三鷹市・東京都青梅市・東京都府中市・東京都昭島市・東京都調布市・東京都町田市・東京都小金井市・東京都小平市・東京都日野市・東京都東村山市・東京都国分寺市・東京都国立市・東京都福生市・東京都狛江市・東京都東大和市・東京都清瀬市・東京都東久留米市・東京都武蔵村山市・東京都多摩市・東京都稲城市・東京都羽村市・東京都あきる野市・東京都西東京市)、東京都下5町8村(東京都瑞穂町・東京都日の出町・東京都奥多摩町・東京都檜原村・東京都大島町・東京都利島村・東京都新島村・東京都神津島村・東京都三宅村・東京都御蔵島村・東京都八丈町・東京都青ケ島村・東京都小笠原村)

ポスティング・チラシ配布・ポスト投函の代行委託も東京リアルにお任せ下さい。

「NO」と答えません!必ず「結果」を出します。まずはご連絡を!

  • お問合せページよりご相談や見積もりその他をメール送信する方はコチラ
  • ポスティング仕事のアルバイト・バイト・パートの求人は常時募集しています。求人内容の詳細は「求人情報」のページ、また求人応募される方は「アルバイトお問合せ」のページよりメール送信してください。

    パソコン版を表示