ポスティングチラシの作り方ならポスティング会社の東京リアル

サイトマップ

ポスティングチラシ・ポスト投函チラシ。サンプリングチラシ、街頭配布チラシなどチラシ制作ならポスティング業者の東京リアルメディアジャパン

パソコン版を表示
リアルメディアジャパンお問い合わせ
リアルメディアジャパン電話番号
ポスティング チラシ

ポスティングの反響の要はチラシ制作です

チラシの内容は、ポスティングによる反響率に直接関係いたします。ターゲットの絞り込み、企画の良し悪し、クーポンの有無、地域特性、同業者との差別化、タイムリーなサービスなど、新規顧客を獲得するための様々な条件をクリアしたうえで、文面やイメージを創造してください。

ポスティング チラシの作り方

①チラシの文面や色・レイアウト・デザインを作成する

予算に余裕があれば、チラシ制作会社に依頼します。内容の依存度や文字数が少ないほど、制作費は安くなります。ロゴや地図の作成を依頼すると費用は高くなります。ワードやエクセルなどを使い御自身で作成することも可能です。ポスティングチラシは必ず一瞬は見て貰えます。自分宛の郵便物を確認するからです。その場でゴミ箱に捨てられるか、持ち帰って読むかはチラシのキャッチで決まります。

②ポスティングの効果測定のためのアイデア

反響が「何処から」「どんな人から」どれ位あったのかを、測定する事は重要です。「チラシをご持参の方に・・・」と打って、アンケートを書かせます。「ホームページからの特別割・・・」と打って、URLやQRコードを印刷することもあります。ポスティング終了後に、分析して、商圏やサービスの見直しに役立てるのです。詳しくは「ポスティング反響」のページをご覧ください。

③作成したチラシのデータを印刷会社に入稿する

チラシのデータ入稿はディスクかメール添付にて行います。安価な印刷会社では「完全データ入稿」、つまりチラシの仕上がりは、お客様が全ての責任を持った上での入稿となります。不安でしたらデータチェック、実際の仕上がりをを見るための色稿などを別途注文しますが、誤字脱字の責任は、御自身が負うほかありません。ポスティングチラシの印刷料金は前金ですので充分にお気をつけ下さい。

④ポスティングに適したチラシを作るコツ

ポスティングのチラシは発注枚数が多く、小さく薄い(軽い)ほど印刷料金と配布単価が安くなります。 ポスティングには光沢が美しく軽いコート紙の73Kgまでが適しています。ポストにそのまま入る大きさはB5サイズまで。A4サイズ以上は配布員が巻いて配布します。また印刷単価を抑えるために通常は7営業日発送ですが、特急料金にて即日や翌日発送も可能です。

⑤チラシの印刷とポスティング料金の関係について

チラシの表裏は、ポスティングで見せる表面に大キャッチ、裏面に情報を入れるのが効果的です。表面の出来具合が反響に直結します。チラシの発注枚数が多いほど反響数は上がりますが、必要とする集客規模と相談です。チラシが大きいほど情報量は上がりますが、美しくポスティングするためには折り加工が必要な上、折った状態でのレイアウトが反響に直結します。チラシが厚いほど差別化できますが、重いので、配布員が持てる枚数が限られるため配布単価が上がります。

⑥チラシの納品からポスティングへ

チラシの納品は印刷会社が無料で行います。多くの業者様は印刷会社からリアルに直接チラシを納品されています。お手元に納品された場合には、御自身でポスティングに挑戦してみるのも良いと思います。自分でやって初めて、ポスティングの大切さや大変さを実感できます。ポスティングチラシの作成から印刷、納品までをリアルに一括注文することもできます。

ポスティング計画後はリアルとの契約です。注意事項をお読みください

リアルとの打ち合わせを重ね、届いた見積もりも確認。印刷会社でのチラシの仕上がり予定日も確認。いよいよポスティングの開始です。決済が下りた早い段階で、余裕をもってご連絡ください。詳しくは「ポスティング契約時の注意事項」をクリックしてください。

パソコン版を表示